ナイカリ.com

重要!【信頼できる人】と認められれば簡単に通る審査

読了までの目安時間:約 3分

 

609351

カードローンの審査に合格する為には、信頼できる人と認められる事です。
借入が多かったり、延滞している人は融資をしてもらえません。
まずは仕事などを真面目にして信頼が高い人間である事を証明しましょう。

 

収入証明が不要でも、合格できるように審査には備えておきましょう!

収入証明が不要といってもカードローンの申し込みには審査はあります。
カードローンの審査に合格するために必要な事は、まずきちんと収入があるかどうかです。
多くの収入は必要ですが、勤続年数や毎月定額の収入があれば大抵は審査に合格できます。
最近では40歳を過ぎても契約社員という方も多い時代ですから正社員で長い期間勤務できていれば信頼性が高い事の証明になります。
次に持家か借家も大きな審査の要素となります。
持家となれば信頼の証拠となりますし万が一の時、自宅を売って返済できる為、審査に合格でやすくなります。
次によく言われているのが公共料金に延滞がないかどうかです。
公共料金といえば一般的に毎月支払う費用です。
毎月きちんと支払いが出来ていれば信頼できるという事で審査にも合格しやすくなります。
もしも延滞などがあると審査は厳しいと考えた方が良いでしょう。

 

申し込み前に確認しましょう!
カードローンは、収入の3分の1を借入できます!

カードローンの審査の前に自分がいくら融資してもらいたいのかが重要になります。
収入証明が不要の場合であれば銀行系カードローンはあまり関係ないとも言われていますが、実際のところまったく関係ないともいえません。
勤続年数などで信頼できる部分はあっても貸す側としては、返済できるかどうか不安になります。
そこでよく言われるのが年収の3分の1です。
一般的なカードローンであれば返済が可能な範囲でしかお金を貸してくれません。
借入を行う場合は、現在の収入の状況を把握してから申し込みを行いましょう。

 

過去の履歴は、審査に重要な影響が出ます!
事前に伝えておきましょう!

カードローンの借入を行う場合、過去の借入の状況や返済状況は重要な審査対象となります。
やはり何度も延滞しながら返済した人であれば印象はよくありません。
過去に延滞履歴がある事は、消費者金融でも銀行でも知る事はできます。
隠しておいても分かってしまう事なので最初に言っておいた方が良いでしょう。
少ない借入金額であれば審査に合格する可能性はあるので自分の収入と借入金額のバランスを考えて借入を行いましょう。

 

審査   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: