ナイカリ.com

【所得証明書】を用意して、信頼できる銀行カードローンの審査に合格しよう!

読了までの目安時間:約 3分

 

413947

収入証明不要の銀行カードローンは300万円以下の銀行が多いです。
多額の金額を融資する場合は所得証明書が必要となる為、役所等で発行してもらいましょう。
銀行は収入の3分の1は関係ない場合があるので実際に問い合わせてみましょう。

 

銀行カードローンの審査でも、所得証明書は必要です!

インターネットで収入証明不要と記載がありますが、最大でも300万円の銀行が多いですし、すべての人が該当するわけではありません。
もし自分に自信がない場合や800万円程度の借入を希望する場合は、事前に所得証明書を役所で発行してもらってください。
そもそも所得証明書とは、課税証明書、源泉徴収票、給与支払証明書の事をいいます。
源泉徴収票については会社で発行してもらう事ができます。
ただし目的を問われる事があるので会社に内緒でお金の借入を行う場合は、役所へ行って課税証明書を発行してもらいましょう。
自営業の方であれば確定申告の控えでも構いません。
とにかく公的証明書で所得がきちんと示す書類であれば問題ありません。

 

審査のポイント!
銀行カードローンの場合は、収入の安定性が必要です!

銀行カードローンで多額の融資を受けるためには、勤続年数や最近の収入の状況がポイントとなります。
収入の金額は多くなくても真面目に働いている事が証明できれば銀行の審査に合格できる可能性はあります。
消費者金融の場合は、総量規制の範囲内でないとお金を融資してくれませんが、銀行の場合は銀行法に沿って融資を決める為、収入の範囲外でも融資を行ってくれます。
そこで必要な書類が自分の収入を公にする所得証明書なのです。
銀行側は所得証明書の金額を元に審査に入ります。
もちろん収入だけでなく現在、他社から借入がないかどうか、家は持家か借家かなど全部の事を総合して審査を行います。

 

申し込みをする銀行は、1社だけにしましょう!

銀行カードローンを利用する場合は1社だけの利用にしましょう。
金額も多い事が理由になりますが、他の銀行で借りていると審査に合格できない可能性が高くなります。
銀行の審査は、金利が安い為、厳しくなっています。
返済能力がないと判断されると融資はうけられなくなるので借入はできるだけ少ない状態にしておきましょう。

 

審査   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: